この日は池下にあるフレンチレストラン オリビィエオドランでコースランチ。2018年11月末に開店したお店です。宇佐美シェフは広尾のアラジンで3年半修業されています。店名のOlivier odorant(オリヴィエ オドラン)とは、フランス語で金木犀という意味です。花言葉では謙虚や高尚な人という意味があり、謙虚さをいつまでも忘れずにお店の品格を上げたいという意志を込めて命名したとのことです。
入口
image
ペアリングにしました。
image
アミューズ
image
とうもろこしの冷製スープ フォアグラのアイス
image
image
image
ホタテのタルト仕立て ルバーブのソース
image
image
長崎産あずきはたのポワレ ロメスコソース
image
image
豊川産雪之醸豚 肩ロースのロースト ロベールソース 
image
プラムのコンポート バジル風味のグラニテ
image
愛知産無花果のクレームブリュレ 白ごまアイス
image
小菓子
image
松本珈琲工房のコーヒー
image
image
カウンター中心のお店でお一人様でも気軽に入りやすく、今風のフレンチです。名古屋はコスパの良いフレンチが多いです。



フランス料理ランキング