この日は大阪に出没しました。ホテルグランビア大阪のメインダイニング フルーヴで軽めのおひとりさまランチ。

フルーヴは「現地に赴き、食材を探す努力をする」というシェフの信念で、十勝コスモスファームの牛肉や、近郊の野菜や農家直送の原木椎茸やキノコ、季節を感じる旬の食材を選んでいるとのことです。

この日はこのレストランから徒歩圏内の場所で会議がありました。そのため開店時間の11時30分に予約し、テンポを速めて13時前に終了する予定でお店の方に進めていただきました。

おまけにこの日の夜は某お好み焼き屋で宴会がセッティングされており、あまり昼からがっつり食べられない状況にありました。

着席
FullSizeRender
この日は午後から仕事だったため、カクテル1杯で我慢しました。
FullSizeRender
オードブルヴァリエ
バラエティに富んだ前菜が出てきました。やはり・・・ワインにすべきだったと少し後悔。
FullSizeRender
本日のスープ
FullSizeRender
スズキのポワレ 柑橘のソース
FullSizeRender
国産牛フィレ肉のグリエ ソースビカント
FullSizeRender
クレームダンジュ シャインマスカット
FullSizeRender
コーヒー
FullSizeRender
フレンチはいつも落ち着いてゆっくり食べるのが好きですが、この日はタイトなスケジュールのなかで予約して伺いました。腕時計を気にしながら食べましたが、料理はとても美味しく、接客サービスもホテルのメインダイニングにふさわしいもので、満足したランチタイムを過ごせました。

今後も働き方改革を進め、仕事中でもフレンチが食べられるように努力したいと思います。